「目利き力」で最適なご提案をする
冷間圧造加工のプロフェッショナル集団

特殊ネジ カスタム部品製造.comは、創業以来積み重ねてきた冷間圧造技術のノウハウと、
オリジナリティ溢れる金型設計力、ネジ・リベット・ナットの幅広い調達ネットワークにより、
多種多様な特殊締結部品の製造を、試作開発から量産までトータルサポートいたします。
積極的なVA/VEによる技術提案により、お客様のニーズにお応えいたします。
冷間圧造コストダウンセンター.comは、太陽精工株式会社が運営しております。

  1. 技術力 突き詰めた2ダイ3ブローによる冷間圧造と、高い生産性を誇る転造加工による、特殊ネジを製造する「技術力」
  2. 提案力 独自の金型設計ノウハウと複合加工の応用力で、異形状部品をモノにする「提案力」
  3. 対応力 試作から多品種少量生産まで、チタン製ネジや各種メッキ、ネジの緩み止め加工まで担う「対応力」
  4. 調達力 80社以上の協力工場ネットワークと5000万個以上の在庫が実現する、 一貫取り回し対応の「調達力」
  5. 品質保証 全数画像による検査体制と、トレーサビリティが取れた「品質保証」
  6. 生産管理 必要なものを、必要なときに、必要なだけ供給する「生産管理」
  7. ネットワーク お客様のお探しの製品・納期に応える協力工場「ネットワーク」

製品事例

実際に製造した製品事例の一部をご紹介いたします。

製品事例 一覧はこちら

製品分類から探す

頭部形状から探す

材質から探す

商品

当社の冷間圧造技術が詰め込まれた締結部品をご紹介いたします。

加工サービス

当社の強みが形となった、加工サービスをご紹介いたします。

お気軽にご相談・お問合せ下さい!

技術提案事例

創業以来積み重ねてきた技術力やノウハウにより、積極的なVA/VE技術提案をいたします。

技術提案事例 一覧はこちら

技術コラム

冷間圧造加工やネジに関する専門知識やノウハウが満載のコラムです。

六角フランジボルトとは?六角フランジボルトの特徴や加工方法をご紹介!

六角フランジボルトとは?六角フランジボルトの特徴や加工方法をご紹介!

六角フランジボルトとは、その名の通り頭部形状が六角のフランジ付きのボルトのことを指します。 フランジ付きのため、座金(ワッシャー)がなくとも緩み止め効果が高いことが特徴です。 ここでは、六角フランジボルトの特徴や、六角フランジボルトの製作方法、そして実際に当社で製作した六角フランジボルトの製品事例まで、まとめてご紹介いたします。

  • 技術情報
転造で行う溝加工は”過酷で理不尽”!?その理由を技術的な視点で解説!

転造で行う溝加工は”過酷で理不尽”!?その理由を技術的な視点で解説!

転造で行う溝加工はある意味では「過酷で理不尽」です。 なぜ過酷で理不尽なのか、その溝加工ならではの難しさの理由を本記事では解説しております。 この記事を読み終える頃には、転造加工が如何に簡単ではないのかがお分かりいただけるかと思います。 技術的な視点で、詳しく解説しておりますので、是非、最後までお読みください!

  • 技術情報
  • お役立ち情報
転造加工に潜む注意点とは?

転造加工に潜む注意点とは?

本記事では、平ダイス転造の加工メカニズムを技術的にさらに深堀りして解説を行います。 転造加工の加工プロセスの解説とともに、そこで起こる注意点について、転造加工を得意とする特殊ネジ カスタム部品製造.comが実践で培った経験をご紹介します。

  • 技術情報
  • お役立ち情報

もっと見る

新着情報

2024/05/30
よくある質問に「板厚0.8mmの薄板に対応するクリンチングスペーサーの製造は可能でしょうか。」が追加されました。
2024/05/29
よくある質問に「最小ロットはどのくらいですか?」が追加されました。
2024/05/08
製品事例に「ツバ付き高精度インサートカラー」が追加されました。

もっと見る