冷間圧造加工やネジに関する専門知識やノウハウが満載のコラムです。

インサートカラーとは?

インサートカラーとは?

インサートとは、英語で”insert”と書き、挿入するという意味を持ちます。つまりインサートカラーは、合成樹脂素材にインサート成形することによって接合部を強化するカラーです。樹脂素材は金属素材よりも機械強度が低いため、樹脂製の筐体をボルトで締結する際に部品が潰れる可能性があります。そこで、素材間にインサートカラーを嵌め込むことで、ジョイント部分が外れることや潰れることを防止します。

  • 技術情報
パーツフォーマーとは?7段フォーマーだからこそ可能な特殊ネジについてご紹介!

パーツフォーマーとは?7段フォーマーだからこそ可能な特殊ネジについてご紹介!

パーツフォーマーとは、ダイとパンチによる段数構成が多段になった冷間圧造機(横型多段式鍛造機械)のことです。特に段数が4,5段以上になると多段フォーマーと呼ばれ、段数が2つのダイスと3つのパンチのみというシンプルな構成になると、2ダイ3ブローと呼ばれます。

  • 技術情報
六角フランジボルトとは?六角フランジボルトの特徴や加工方法をご紹介!

六角フランジボルトとは?六角フランジボルトの特徴や加工方法をご紹介!

六角フランジボルトとは、その名の通り頭部形状が六角のフランジ付きのボルトのことを指します。 フランジ付きのため、座金(ワッシャー)がなくとも緩み止め効果が高いことが特徴です。 ここでは、六角フランジボルトの特徴や、六角フランジボルトの製作方法、そして実際に当社で製作した六角フランジボルトの製品事例まで、まとめてご紹介いたします。

  • 技術情報
転造で行う溝加工は”過酷で理不尽”!?その理由を技術的な視点で解説!

転造で行う溝加工は”過酷で理不尽”!?その理由を技術的な視点で解説!

転造で行う溝加工はある意味では「過酷で理不尽」です。 なぜ過酷で理不尽なのか、その溝加工ならではの難しさの理由を本記事では解説しております。 この記事を読み終える頃には、転造加工が如何に簡単ではないのかがお分かりいただけるかと思います。 技術的な視点で、詳しく解説しておりますので、是非、最後までお読みください!

  • 技術情報
  • お役立ち情報
転造加工に潜む注意点とは?

転造加工に潜む注意点とは?

本記事では、平ダイス転造の加工メカニズムを技術的にさらに深堀りして解説を行います。 転造加工の加工プロセスの解説とともに、そこで起こる注意点について、転造加工を得意とする特殊ネジ カスタム部品製造.comが実践で培った経験をご紹介します。

  • 技術情報
  • お役立ち情報
セルフタップねじ(タップタイト)の外形測定方法についてご紹介!

セルフタップねじ(タップタイト)の外形測定方法についてご紹介!

今回はセルフタップねじ(タップタイト)の外形測定方法について解説します。 セルフタップねじ(タップタイト)の外形測定時、C寸法とD寸法の両方を適切に測定する必要があります。それぞれ測定方法が異なりますので、本記事ではそれぞれに関して詳しく解説いたします。

  • 技術情報
  • お役立ち情報
鍛造・圧造における「絞り加工」の加工のポイントとは?断面減少率の計算方法もご紹介!

鍛造・圧造における「絞り加工」の加工のポイントとは?断面減少率の計算方法もご紹介!

絞り加工とは素材を金型に充填させ加工設備により一定速度の荷重で押し込むことにより元の径よりも細くする加工です。荷重方向と素材の伸びる方向が同一のために前方押し出し加工とも呼ばれます。 そのような、絞り加工の加工のポイントについて、本記事では詳しく解説しております。

  • 技術情報
つまみネジとは?つまみネジの特徴や種類、加工方法をご紹介!

つまみネジとは?つまみネジの特徴や種類、加工方法をご紹介!

つまみネジとは、その名の通り手でつまんで締結するネジのことです。頭部にアヤメローレットや平目ローレットを行うことで、滑り止め効果を付与し、手作業での締め付けや緩め作業を素早く行えるのが特徴のネジになります。 ここでは、つまみネジの特徴や種類から、つまみネジを製作する上でのポイント、そして実際に当社で製作したつまみネジの製品事例まで、まとめてご紹介いたします。

  • 技術情報
『特殊セムスネジ』を使用するメリットとは?

『特殊セムスネジ』を使用するメリットとは?

今回は「特殊セムスネジ」を使用するメリットについてご紹介いたします。特殊セムスネジには様々なメリットがございます。大量ロットが必須条件と思われがちですが、月100万個以上であれば特注のセムスネジでもそこまで割高にはなりません。また、ロットが少ない場合は切削で対応することもできます。そんな特殊セムスネジのメリットを本記事では詳しく解説しております。

  • 技術情報
部品点数が減らせる「高機能ボルト」をご紹介!

部品点数が減らせる「高機能ボルト」をご紹介!

ものづくりにおいて、いつの時代でもニーズが高いのが、部品点数削減です。そして部品点数削減をすることができる高機能ボルトのニーズは根強く、当社にも数多くご相談をいただいております。 今回は、実際に当社でも製作した実績がある、部品点数が減らせる高機能ボルトをご紹介いたします!

  • 技術情報
クリンチングスペーサーとは?規格外の特注クリンチングファスナーを製作するポイント

クリンチングスペーサーとは?規格外の特注クリンチングファスナーを製作するポイント

クリンチングスペーサー、クリンチングスタッド、クリンチングボルト、クリンチングナット、クリンチングファスナーなど、締結部品には様々な"クリンチング"製品があります。クリンチングとは、固定する・締結する、というシンプルな意味合いで、溶接レスで仕上げ精度もいいことから、基板や板金部品をはじめとした様々な業界・分野でクリンチング製品は使用されています。 しかしクリンチングファスナーには一般的な規格はなく、各メーカーがブランディング目的に、クリンチング製品に独自の規格と名称を付けるケースが多く市場に出回っています。 ここでは、クリンチングの意味合いから、クリンチング製品の違い、なぜクリンチング製品は締結力を得られるのか、用途や圧入方法・使い方、規格・価格、そして当サイトを運営する太陽精工だからこそ可能な特注クリンチングスペーサーから、工法転換により50%ものコストダウンを実現した技術提案事例、さらには実際に当社で製作したクリンチング製品まで、徹底解説いたします!

  • 技術情報
2ダイ3ブローと多段フォーマーの違いとは?

2ダイ3ブローと多段フォーマーの違いとは?

2ダイ3ブローと多段フォーマーとの違いとしては、多段フォーマーでは段数が多かったのに対して、2ダイ3ブローでは2つのダイスと3つのパンチのみというシンプルな構成という点が装置の違いとして挙げられます。しかしこの違いによって、2ダイ3ブローには金型のイニシャル費用を抑えた小回り対応が可能という、大きなメリットが生じます。一方で、どうしても形状や精度面では多段フォーマーに劣ってしまうのですが、当社の2ダイ3ブローはその欠点を補う技術力を有しており、多段フォーマーからの工法転換事例も数多くございます。 今回は、多段フォーマーと2ダイ3ブローの概要から、多段フォーマーと2ダイ3ブローの違い、2ダイ3ブローのメリット・デメリット、多段フォーマーから2ダイ3ブローへの工法転換事例と、最後に実際に当社で製作した2ダイ3ブローによる製品事例まで、まとめてご紹介いたします。

  • 技術情報
不完全ネジ部とは?

不完全ネジ部とは?

転造工程でパーツフィーダーからブランクが流れてきて転造ダイスに揉まれてねじ山が立ちます。その際に一番最初の食いつき部分というのが山がきちんと立たないため、ねじ山の形が不完全なねじ部ができてしまいます。これを不完全ネジ部といいます。

  • 技術情報
貫通穴ボルトとは?メリットや用途、3つの工法の違いまでご紹介!

貫通穴ボルトとは?メリットや用途、3つの工法の違いまでご紹介!

貫通穴ボルトは、頭部部分と締結したネジの先端が貫通しているボルトを指します。貫通穴ボルトは、中に気体または液体を通すことができ、さらに軽量化にもつながるため、半導体製造装置や医療機器、理化学機器、自動車、二輪車など、多種多様な業界で採用されています。一方、このように多岐にわたる使用用途のため、貫通穴ボルトの加工方法や加工ポイントは異なり、お客様のニーズに合わせて最適な加工方法を採用する必要があります。 ここでは、貫通穴ボルトの特徴やメリット・デメリット、用途から、3つの工法の違い、加工におけるポイント、さらには当社が実際に加工した貫通穴ボルトの事例まで、まとめてご紹介いたします。

  • 技術情報
中ツバボルトとは?用途から加工方法、特殊形状の製作ポイントまでご紹介!

中ツバボルトとは?用途から加工方法、特殊形状の製作ポイントまでご紹介!

ツバ付き部品の中でも、片側または両側にネジ山が立っているものを、中ツバボルトと呼びます。中ツバボルトはフランジボルトとは異なり、中ツバ部分を起点に両端で用途が変わることが多く、また中ツバ部分もインサートやボルト固定時に機能付加されることが多い製品です。そのため、両端で径が異なったり、ツバの厚さや形状も様々で、どのように機能付加された形状を加工するかがポイントです。 ここでは、ツバ付き部品における中ツバボルトの特徴や用途から、特殊中ツバボルトを製作する上でのポイント、そして実際に当社で製作した中ツバボルトの製品事例まで、まとめてご紹介いたします。

  • 技術情報
段付きボルトとは?使い方から特殊段付きボルトの製作ポイントまで解説!

段付きボルトとは?使い方から特殊段付きボルトの製作ポイントまで解説!

先端部はネジが切ってあり、ネジ部と頭部の間にある円頭部分の径がネジの呼び径よりも大きくなっている段付きボルト。段付きボルトの用途は多岐にわたりますが、その形状ゆえに、規格品よりも特注品の需要が多く、当社でも数多くの段付きボルトの製作を行ってきました。 ここでは、段付きボルトの概要や用途から、特殊ネジ カスタム部品製造だからこそ可能な段付きボルト、実際に当社で製作した段付きボルトの事例まで、まとめてご紹介いたします。

  • 技術情報
ジオメット処理とは?特徴から採用事例までご紹介

ジオメット処理とは?特徴から採用事例までご紹介

ジオメット処理とは有害物質を含まない防錆力に優れた表面処理技術です。通常膜厚が8μ程度になっており均一に薄く塗れるので、ボルトやナットがネジ山が埋まる心配もありません。

  • お役立ち情報
カシメナットとは?比較される溶接ナットとの違いとは

カシメナットとは?比較される溶接ナットとの違いとは

カシメナットとは「加締めナット」の意味で、母材の板厚が薄い場合やタップ加工出来ない場合に、大きな圧力を加えて形状を変形させ、締結するナットのことを指します。昨今の軽量化要求に伴い、カシメナットの需要は非常に高まっています。そんなカシメナットですが、実際に製造する際には、いくつか注意点があります。

  • 技術情報
キャップスクリューとは?

キャップスクリューとは?

キャップスクリューは、円筒形の頭部に六角形の穴が開いているボルトのことです。キャップスクリューには、省スペース化や美観性向上、六角レンチで簡単締め付け、また様々な頭部形状にすることで、多くのメリットを得ることができ、自動車や産業機械などの分野で広く使用されています。 当社では、規格品にはない特殊キャップスクリューについて、多くご相談をいただいております。ここでは、キャップスクリューについて、キャップスクリューのメリット、当社だからこそ可能な特殊キャップスクリューの製造ポイント、そして実際に太陽精工が製造した特殊キャップスクリューの事例まで、まとめてご紹介いたします。

  • 技術情報
インサートナットとインサートボルトとは?またインサートの機能を果たす上で重要なローレットとは?

インサートナットとインサートボルトとは?またインサートの機能を果たす上で重要なローレットとは?

インサートとは射出成形の一種であり、金属と樹脂とが一体化する成形工法です。これを締結部品業界に置き換えると、インサートナットは樹脂などの直接ねじを切っても強度がもてないような材質へ埋め込むナットであり、インサートボルトはそのボルト版です。昨今の部品メーカーにおいては、スーパーエンプラなどのガラス成分を多く含んだ樹脂材が多用されており、インサート成型も高度な金型技術が求められています。インサートナット、インサートボルトにおいても、図面公差において高精度化が求められています。

  • 技術情報