転造ネジと切削ネジの違いとは?

ねじ切り加工とは?

ねじ切り加工とはネジ山を作る加工方法です。このねじ切り加工では大きく切削加工と転造加工が採用され、お客様の要望によって選択されます。前者の切削加工の場合、刃物を任意の方向に移動させることが可能ですので、自由度が高く多種類のねじを作ることが可能です。さらに素材を削る加工方法であるため、元の金属よりも小さなねじを製造することが可能です。一方で後者の転造加工の場合、切削加工で発生する切屑を防止し、素材そのものの太さを確保したままのねじを製造することが可能です。

転造ねじと切削ねじの違い

①転造ねじの特徴

先述の通り、転造ねじは転造加工にて成形されたねじです。塑性加工の一種である転造加工で加工していることから、切屑が出ないことや加工時間が短いことといった特徴があります。加工方法として線材を転がすことで膨らませるため、元の直径よりも大きな直径のねじを成形します。この加工方法によって製作されるねじは、切削加工と異なり素材自体のファイバーフローが切断されることなくねじ山に沿って連続しているため、切削ねじに比べると強度が高いです。また切削ねじに見られるようなかじりやバリはなく、精度の均一性もはるかに上回っています。さらに材料ロスが少ないために経済的かつ切削加工よりもコストダウンに貢献することが可能です。しかし加工応用性が効きにくいといった難点もあるため、単品・小ロットの場合には切削ねじを選択することを推奨します。

>>技術コラム『量産加工に優れる転造加工とは?』はこちら

②切削ねじの特徴

先述の通り、切削ねじは切削加工にて成形されたねじです。鋼材を削って谷と山を作っていくため、加工のしやすさに優れることから形状が複雑な特殊ねじの製作に適している加工方法です。しかし、切削加工時の構成刃先やバリの影響でねじ精度に不安があり、ファイバーフローが途中で切れることから強度不足になる点が懸念されます。また材料費+切屑排出の観点から、数量が増えると加工費が高くなる傾向にあります。

転造ねじの製造のことなら特殊ネジ カスタム部品製造へ!

特殊ネジ カスタム部品製造を運営する太陽精工株式会社では、2ダイ3ブローヘッダーのような冷間圧造加工に注目が集まりがちになるのですが、実は同じくらい転造加工にも力を入れております。軸足の短いネジは、軽量化や小型化が進む現在では、特に需要が高まっていますが、転造箇所が限られるため高い技術力が求められます。このほかにも、タッピングネジのような異形状ネジや、製品バランスの悪い段付きネジ、ツバ付きネジについても、他社では転造ではなく切削などの別工法で対応しています。

そのような中で当社では、一般的には転造加工では困難と考えられる箇所を、独自の転造技術にて対応しております。転造加工による対応は、結果としてお客様にコストメリットをお届けすることができるため、当社では積極的に転造加工を展開しております。

>>詳しくはこちら

「転造ネジ」の製品事例

①基板用ねじ(M5×P0.8)

こちらは自動車向けの基板用ねじです。先端がM5のねじになっていて、頭部から製品中心部にかけてタップ加工にてM4の雌ネジが施されています。製品特徴としては、ねじとしての役割と、雌ネジとしての役割を両方備え持った商品となっています。製品の加工ポイントは、タップ加工の深さ+穴の径が小さいことによる切削加工技術の練度が重要になっています。また転造加工においても、ねじ部が短いこともあり不安定であるため、安定させるために機械に工夫を施しております。

当社では、単なるねじにこだわることはなくナットとしての役割を持った製品の製造を行っています。昨今は軽量化等が進んでおり、本来別々のパーツのものを1つにしたいというご要望も多くいただいております。何かお困りの方は、ぜひ当社までご相談ください。

>>詳しくはこちら

②ヘクサ薄平頭ねじ(M3×P0.5)

こちらは自転車向けヘクサ薄平頭ねじです。アルミ製ということもあり、通常の転造ではつぶれてしまう恐れもありました。そのため、先に熱処理を行い強度を向上させてから転造加工を行ったことで、つぶれることなくネジ部の成形が可能になりました。また表面処理においても、アルミには特殊な塗装を施しており、防錆効果UPに一役買っております。

当社ではアルミ製ネジに関しても様々な事例を保有しております。アルミネジのことでお困りの方は、ぜひご相談ください。

>>詳しくはこちら

③中ツバ両ねじ(E型ヘクサ)

こちらは自動車向け中ツバ両ねじ(E型ヘクサ)です。中ツバを境に両方にネジが付いている点と、緩み止め加工が施されている箇所、さらに表面処理にポイントがあります。まず中ツバにより2製品が連結できるようになり、片側は緩むことによってのリスクケアのためナイロック加工を施しています。また表面処理にジンロイを使用することで耐熱性を強化し、さらに三価クロメートをつけることで耐食性も併せ持った製品になっております。

当社では中ツバ付きネジの冷間圧造加工や転造加工を得意としております。また表面処理についても、お客様のご要望に沿った表面処理方法のご提案まで対応しております。特殊締結部品のことなら、まずは太陽精工までご相談ください。

>>詳しくはこちら

まとめ

今回は切削ねじと転造ねじの違いについてご紹介いたしました。

特殊ネジ カスタム部品製造.comでは、2ダイ3ブローによる斬新な冷間圧造加工で、高精度の特殊ねじの製作を行うことが可能です!

また、長年の経験と技術によりネジやボルト、ピン、リベットなどのパーツ等の量産はもちろん、設計段階からのコストダウン提案などもさせていただきます。

特殊締結部品についてお困りの方はお気軽にご相談ください!

>>お問い合わせはこちら

>>資料ダウンロードはこちら